Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
一人でいることが大好きだった少年の身に起こった人生の変化 〜その2〜

だいぶ、長い道のりになりそうだけど・・・・

 

今回は、ポケモンを再開したことで招いてしまった悲劇を綴っている

 

また、※があるものについては概要程度だけど解説がある

 

2007年に大学に入学し、高校から続けていた硬式テニスを続けていた一方、ポケモンを再開し、ポケットモンスター プラチナをやっていた

その時の私は、ポケモンの楽しさにすっかりはまってしまっていた

ほぼ同時に、ポケットモンスター エメラルドもやっていた

両方でそれぞれストーリーを終え、ひたすら孵化、育成、バトルフロンティア()に勤しんでいた日々

今でも覚えているのは、両方のバトルフロンティアがとにかく楽しかったこと

エメラルド版だとバトルドーム()、プラチナ版だとバトルルーレット()、バトルタワー()が楽しくて何時間やっていても飽きなかった

とにかく、対戦環境が昔と比べると格段に良くなっていたのでとても嬉しく、対戦にどっぷりはまっていた

(小学生のときも、ポケモンをやっていたが、ゲーム自体、対戦環境が整っていないため、途中で止めてしまった)

 

そんなある日、二つの出会いがあった・・・・

 

そう、それは・・・2009年の12月のことであった

 

ちょうどその時期は、部活を引退し、時間が空いていた時であった

(私が通っていた大学の部活は3年の秋で引退だったから。また、時間が空いていたのは、1回留年していて2年生だったため)

そんな中、リアルポケモンリーグというコミュニティでの対戦と、ゴスペルの出会いがあった

リアルポケモンリーグとの出会いは、とある実況者と対戦がしたいため、ゴスペルとの出会いは、「大学でゴスペルのライブをやっているから聞いてみない?」と言われたから

ちょうどその時は、次の授業があって行けなかったけど、ゴスペルを聞いてみたいと思ったから、メールアドレスを交換することに

2009年のクリスマスライブのときに初めて教会に行き、ゴスペルを聞くことができたが、その時は、あまり印象に残っていなかった

反対に、リアルポケモンリーグでの対戦のほうの印象がとても強く残っていた

そのころは、対戦で勝っても、負けてもとにかく楽しかったことを覚えている

そう・・・リアルポケモンリーグにいるほぼすべての人が、対戦を愛し、対戦に命を懸けていることが、対戦を通してすぐにわかったから

好きなポケモンを使って対戦に勝つ!というメッセージが対戦を通して伝わり、私が望んでいたところだと感じ、ここで対戦出来なくなったら、今後生きていけない!と思っていた

このとき、既に私は対戦廃人()になり、ポケモンがないと生きていけない!と感じていた

何よりも、計算式で、「私−ポケモン=0」が既に成り立っていた時期で、人生の軸をポケモンに置いていた

 

これがクリスチャンになる前&教会に初めて来たときの私の姿

 

次回、対戦廃人になってしまった私の姿とは

 

次回の更新までお待ちを

 

解説編

バトルフロンティア:対戦施設。エメラルド版だと7種類、プラチナ版だと5種類ある。

バトルドーム:エメラルド版で登場。トーナメント方式での勝ち抜きバトル。3匹の中から2匹を選んで対戦し、4回勝ち抜けばクリア。

バトルルーレット:プラチナ版で登場。対戦の前にルーレットを回して、自分で止める。

ルーレットを止めた後、イベントが起きて何かが起こる。7回勝ち抜けばクリア。

バトルタワー:最も王道なポケモンバトル。一人ずつトレーナーと戦っていき、7回勝ち抜けばクリア。

対戦廃人:あるゲームにのめりこんでいる人を「廃人」というが、その中でポケモンのゲームにのめりこんでいる人。対戦で勝利を求めてひたすら卵を割って厳選する人。

posted by: あつし | 人生の変化 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:31 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://game-baseball.jugem.jp/trackback/53
トラックバック