Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
バトルサブウェイ後記
バトルサブウェイのスーパーシングルトレインは253戦目で負けてしまった。

試合内容は下の方のバトルビデオにて

ここからは使ったポケモン、型、役割、バトルサブウェイで勝つにはどうすればよいかなどを書いていく


 

勝ち抜くために大事なもの

1.  1対1において、性能が優れているポケモン3匹を決め、相手ポケモンをより確実に倒していくこと。

2.  広範囲かつ高火力なポケモンを使うことで交代を極力減らし、安定行動を選べる状況を作ること。

3.  『りゅうのまい』や『つるぎのまい』などの積み技を使って1匹のポケモンで3縦するつもりで行くこと。

4.  常に、相手の行動を読むこと。単調な行動が多いので読みやすいはず。

5.  耐久型が多いから、『どくどく』や『トリック』持ちのポケモンを1匹は連れていくこと。

6.  後続のポケモンが見えないから、先制技(『でんこうせっか』など)を持っているポケモンを1匹は連れて行くこと。

7.  思わぬ交換読みをくらうことがあるので、残りHPが少ないときの交換は特に気をつけること。

(残りHPが少ないポケモンに対しては、タイプ一致技や弱点技でとどめを刺しに行かないことが多い。)

使用ポケモン

ガブリアス ハッサム シャワーズ

辛いポケモン

スターミー ガブリアス ラティアス ラティオス 『かくとう』と『ひこう』タイプ全般

辛い技のタイプ

かくとう ひこう じめん 

各ポケモンの役割&考察

ガブリアス

性格:ようき

タイプ:ドラゴン じめん

特性:さめはだ

持ち物:きあいのタスキ

努力値:A(こうげき)252 S(すばやさ)252 H(たいりょく)6

※個体値、実数値表記は左からHP(たいりょく)-A(こうげき)-B(ぼうぎょ)-C(とくこう)-D(とくぼう)-S(すばやさ)
個体値:19−31−28−10−25−31

実数値:178−182−114−81−102−169

技:じしん げきりん だいもんじ つるぎのまい

役割&考察:『つるぎのまい』の使い手第1号。対面で相性が良ければ『つるぎのまい』から『げきりん』か『じしん』でこの子より遅いポケモンは一撃で倒す。『せんせいのつめ』に注意しないといけないが、それ以外では安定して相手のポケモンを倒せる。フレンドバトルとは違って『めざめるパワー(こおり)』が飛ばないのは楽であるが、それでも、タイプ不一致の『れいとうビーム』や『ふぶき』などの『こおり』技は受けないように立ち回る必要あり。苦手なのは、『みず』や『こおり』タイプのポケモン、『すばやさ』種族値が『ガブリアス』以上の『ドラゴン』タイプ。ただし、『ドラゴン』タイプ同士なら交換しないほうがいい。『げきりん』や持ち物次第ではあるが、『りゅうせいぐん』で縛ることができ、後続のポケモンでどうにかなる可能性が上がるから。

せんせいのつめ:20%の確率で相手の『すばやさ』に関係なく相手より先に行動できる。ただし、優先度が違うのは無理。
例)『でんこうせっか』に対して『せんせいのつめ』を持って『ふぶき』打って発動しても『でんこうせっか』が先になる。(『でんこうせっか』の優先度は+1に対し『ふぶき』の優先度は±0)

ハッサム

性格:いじっぱり

タイプ:むし はがね

特性:テクニシャン

持ち物:ラムのみ

努力値:H(たいりょく)108 A(こうげき)252 S(すばやさ)148

個体値:31−31−21−13−15−31

実数値:159−200−114−59−92−104

技:むしくい つるぎのまい でんこうせっか バレットパンチ

役割&考察:『つるぎのまい』の使い手第2号。俗に言われている『159』ハッサムである。弱点が『ほのお』4倍だけと少ないから、だいたいの場面で『つるぎのまい』を積むことができる。そこから『むしくい』や『バレットパンチ』で攻めるのがメイン。サブウェイでは、状態異常が怖いから、『ほのお』技を半減させる『オッカのみ』や、火力を上げる『いのちのたま』よりは『ラムのみ』のほうがいいし安定する。フレンドバトルとは違って『めざめるパワー(ほのお)』が飛ばないのは楽であるが、それでも、タイプ不一致の『かえんほうしゃ』や『だいもんじ』などの炎技は受けないように立ち回る必要あり。当たり前だけど、『ほのお』タイプと対面したときは絶対に引くこと。どうしても突っ張らないといけないときはしょうがないが・・・
ちなみに、この型本来の持ち物は『いのちのたま』である。『いのちのたま』を持たせ、エースとして使うのが一般的。

なぜ調整振りを使っているのか
努力値で『HP』に108、『すばやさ』に148に振っているのは、『すばやさ』の実数値を『104』にしていて、『HP』の実数値を『159』にしているから。『HP』の実数値を『159』にすることで、『いのちのたま』と『ゆきふらし』による霰のダメージを抑えている。『すばやさ』を『104』にすることで準速ラッキーより速くなるメリットがあるから。(サブウェイだと無振り80族(実数値100)に対して先手が取れるほうが大きいけど・・・)

準速:性格に上昇補正がかかってないが、素早さの個体値31で努力値252振りのこと。
無振り:努力値を振っていない状態のこと。

シャワーズ

性格:ずぶとい

タイプ:みず

特性:ちょすい

持ち物:たべのこし

努力値:B(ぼうぎょ)252 D(とくぼう)252 S(すばやさ)6
※個体値の関係でH(たいりょく)振りからS(すばやさ)振りに変更

個体値:28−25−31−17−31−29

実数値:204−73−123−123−147−85

技:まもる どくどく ねっとう ねがいごと

役割&考察:上2匹のサポートと耐久型殺しがメイン。『みず』技を無効にするため、『みず』タイプ同士で重宝した。対耐久型に対しては『どくどく』+『まもる』でじわじわと削っていく。そうでないときは、『ねがいごと』+交換で上2匹の体力を回復させたり、『ガブリアス』の『きあいのタスキ』を復活させたりさせていた。4倍弱点がなく、弱点技をくらっても1発は耐えられる。また、弱点が『くさ』と『でんき』しかないから、耐久に努力値を振ると硬さが存分に発揮される。耐久型で、相手をじわじわ削っていくので、持ち物は『たべのこし』が安定する。火力がない分、泥仕合になりやすいのはしょうがないが・・・・

バトルビデオ一覧

105連勝
1回目:74−88677−49677(133戦目で負け)
2回目:96−00899−41357(109戦目で負け)

3回目は取り損ねてしまった・・・・


203連勝
92−08552−28554

253戦目
32−02809−53509
posted by: あつし | 雑記 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:57 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://game-baseball.jugem.jp/trackback/50
トラックバック