42期リーグを振りかえって
 今回は1勝4敗で予選敗退でした。

メンバーはウインディ、カビゴン、グライオン、ジュカイン、ドータクン、トリトドンでした。

全体考察:

 基本構成は、アタッカー型2匹で耐久型4匹です。(38期リーグから変わりません。)
今回は、鋼枠をハッサムからドータクンにチェンジしました。
リーグで初めて使ってみて、ドータクンは使いやすかったです。これからはドータクンにするかもしれませんし、もしくは、ドータクンとハッサムを一緒に使うこともあり得るかもしれません。今回も予選敗退でしたが、読みがそれなりに当たっていたことと、これからのポケモン育成に関しての手掛かりを得たことは間違いないです!

ポケモン考察:

ウインディ:5試合中4試合に出場
 今回は、『トリックルーム』時やそうでないときのアタッカーとしてかなり重宝しました。
耐久型も使いましたが、この子はアタッカーのほうが使いやすい(?)と思っています。
物理アタッカーにしろ、特殊アタッカーにしろ、型が多くて絞りにくいのと、『しんそく』がなかなかの火力を誇っているので外しにくいです。もし、代わりに入れるならば、ゴウカザルになると思います。

カビゴン:5試合中5試合に出場
 このメンバーにおいて、間違いなくエースポジションです。
特殊受けや(変則)物理アタッカーとして活躍してくれました。
特殊耐久の硬さもさることながら、1つ積んだだけで、物理耐久も硬くなることが最大のメリットです。『トリックルーム』をしてからの降臨をもくろんでいましたが、出来なかったことが唯一の誤算だと思っています。
 それと、リーグで初めて『ゆびをふる』を使いました。感想はものすごくギャンブルな技で使いにくいなと思いました。ただ、爆発力を秘めている(?)ので、今後、ジム戦でも使っていきたいなと思います。

グライオン:5試合中1試合に出場
 物理耐久型で、主な役割は対格闘受けですが、格闘タイプがすくなったこともあって、あまり出る機会がなかったです。とはいえ、ハッサムが多かったので、もう少し選出してもよかったと思います。今回わかったことは、ハッサムには、グライオンをぶつけるのもありだということです。1回『つるぎのまい』を積まれてからの『バレットパンチ』を2発耐えるのはびっくりしました。ただ、『ハサミギロチン』が当たらないと役割を果たしません・・・

ジュカイン:5試合中1試合に出場
 速攻アタッカー型で、今回は、出してやることが出来なっかった子です。
この子は得意な相手と不得意な相手がはっきりしているから出せなかったのかもしれません。
 ただ、6月以降のリーグでは『ぜったいれいど』持ちスイクンが流行りそうなので、その対抗策として入れるという選択肢は大いにありだと思っています。

ドータクン:5試合中2試合に出場
 最も使ってみたかった子です。理想は、『ステルスロック』+『トリックルーム』をしてから場を去ることでしたが、今回はそれがうまくいかなったです。いきなり『トリックルーム』をすると、相手は警戒感を強めるので、最初は『ステルスロック』から入ることが多かったのですが、最初は、素直に『トリックルーム』をしたほうが安定感があるなと思いました。この子は今後もジム戦などで使っていって使い方をマスターしたいです!

トリトドン:5試合中2試合に出場
 特殊耐久型で、1つ積むことによって物理耐久も上がることで入れていました。ただ、ユキノオーのプレッシャーによってあまり出せなかったことと、『トリックルーム』からの速攻攻撃を考えていた試合もあったので、火力がちょっと足りないこの子では、出しづらかったという面もありました。『たくわえる』を使うことにより、耐久型同士なら、急所が来ない限り落ちない硬さになるのは魅力的です。とはいえ、草技と『めざめるパワー』には本当に気をつけないといけないのも事実です。


あ、今日はサッカーワールドカップ日本VSカメルーン戦ですが、カメルーンが勝つと思います。

それでは、今回はここで失礼します。
posted by: あつし | リアポケ・リーグ戦 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
41期リーグを振り返って
 今回は1勝3敗で予選敗退でした。

メンバーはウインディ、カビゴン、グライオン、ジュカイン、トリトドン、ハッサムでした。

考察:基本構成は、アタッカー型2匹で耐久型4匹です。(38期リーグから変わりません。)
ヘラクロスを止めるためにグライオンを投入したものの、『ハサミギロチン』で耐久型を落とす役割のほうが多かったです。それと、予選全体を通して深読みによる自滅が2試合もありました。それと、ウインディを1試合も出してやれなかったことと、カビゴンに頼り過ぎていたのもまずい結果になってしまいました。とにかく、ポケモンうんぬんよりは、自分の腕がまだまだ足りていないということを思い知らされました。予選敗退は悔しいが、この悔しさをバネにして、次リーグ出るときはもっといい成績を残すぞ!!

今期から、ジムテーマ:バッジポケモン、パートナー:カメックスに変わりました。
2〜3期くらいこのテーマでいって、また次のテーマになるかと思いますが、カントー地方はしばらくやりません。

それでは、今回はここで失礼します。
posted by: あつし | リアポケ・リーグ戦 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イベント戦を振り返って
 3月中旬にあった地域対抗戦を振り返りたいと思います。

自分はBチームでチームメートはリンさん、バクラさん、ひかげものさん

初戦の相手はEチームで、メンバーはネイビーさん、ボルドーさん、ノブさん、しじみさん

自分は、次鋒で出場し、手持ちは、ウインディ、カビゴン、ゲンガー、サンダー、トリトドン、ハッサム

オーダーは、先鋒:バクラさん 次鋒:自分 副将:リンさん 大将:ひかげものさん

結果は、3−2でEチームの勝ちでした。(大将戦は2ポイント)

キーポイントとなったのは、間違いなく自分のところだと思います。そこで負けたことが痛かったと思っています。

次鋒戦VSボルドーさん(ドサイドン、バンギラス、サンダー)

メンバーはトリトドン、ウインディ、サンダー

考察:カビゴンは対策されるだろうと思ってはずしました。これが当たったかのように見えたがトリトドンの火力不足に泣かされました。相手のサンダーを2発で落とせれば変わっていたのかもしれませんが、落とすことができませんでした。その結果、じり貧になってしまって、こちらが不利になってしまいました。いくら耐久型でも、ある程度の火力は欲しいと思いました。そして、大将戦の前に勝敗が決まっていたのもいけなかったです。ひかげものさんごめんなさい。

この反省を活かして、次の地域対抗戦ではチームに貢献したいです!そして、このようなことは2度と犯したくないです!

今回はこれで失礼します。
posted by: あつし | リアポケ・リーグ戦 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
過去を振り返って2
 今回と次回で、今までのリアルポケモンリーグ(通称リアポケ)ライフを振り返りたいと思います。

38期リーグの出場後(このときは39期です)、四天王特権でジムを開いてジムリーダーになりました。

ジムリーダーになった理由は、挑戦者とは別のアングルでポケモンバトルをしたかったからです。

39期の成績は28試合:16勝12敗でした。

パートナーに対してどう対抗してくるのかとパーティのバランスを考えて組まないといけないのがちょいときついところでした。試合に負けるとつらいですが、それでも、ジム業は楽しかったですね。

ジム業の傍らで39期リーグにも出場し、結果は7位でした。(予選:4勝1敗、決勝:4勝4敗、プレーオフ:出場できず)

ルール変更で上位10人のバッジポイントが20を超えていたので3ブロック制でのリーグ戦でした。

この時のメンバーは、ハッサム、ウインディ、トリトドン、ジュカイン、カビゴン、サンダーでした。

考察:耐久中心のパーティ。初めてリーグに準伝説を投入しました。サンダーとトリトドンが使いやすかったです。ただ、この時はヘラクロスを止めることが出来ずにぼろぼろだった試合もありました。そして、何より予選最終戦の最終ターンまで予選突破が出来るかどうかわからなかったから、プレッシャーが半端なかったです。

そして、今は40期のジムリーダーをしています。
今のところ、26試合:13勝13敗です。今後、ジム開く可能性は…わかりません。

あと、地域対抗戦にも出ました。残念ながら初戦敗退です。詳しいことは後ほどにします。

今期もバッジレースが激しいので、リーグはたぶん出られないですね。

それでは、今回はここで失礼します。
posted by: あつし | リアポケ・リーグ戦 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
過去を振り返って1
 今回と次回で、今までのリアルポケモンリーグ(通称リアポケ)ライフを振り返りたいと思います。

自分は12月の中旬にリアポケに来ました。(誰に誘われたかは秘密です。)

きっかけは、システムが面白いということと月に1回行われるリーグに出たかったからです。
リーグに出るためには、ジムリーダーとのバトルに勝ちバッジをもらいます。そして、そのバッジをたくさん集めて上位10人に入ること(今はちょっとかわっています)で出られます。

37期はリーグ出場し結果は4位でした。(予選:5勝0敗、決勝:2勝3敗)

この時のメンバーは、ハッサム、ウインディ、ダグトリオ、サンダース、シャワーズ、スターミーでした。

考察:とにかくハッサムをエースと考えていました。炎に弱いのでもらいびウインディとシャワーズの2枚受けでいきました。そしたら、サンダーに弱いという弱点があったので決勝リーグではうまくいきませんでした。サンダーに対して安定して受けられるポケモンがいなかったのがまずいパーティになってしまいました。

38期もリーグ出場し結果は2位でした。(予選:3勝1敗、決勝:4勝1敗、プレーオフ負け)

この時のメンバーは、ハッサム、ウインディ、キングドラ、ラグラージ、ギャラドス、カビゴンでした。

考察:耐久中心のパーティ。それでも、ハッサムベースは変わらず。弱点がかぶることなく組めたのでバランスはいいと思いました。ただ、バンギラスやギャラドスがややきつかったと思いましたし、一撃必殺と急所に弱いのは仕方なかったです。はまれば強いですが、1度計算が狂うともろ影響を受けるパーティとなってしまいました。

続きはまた後ほどにします。

それでは、今回はここで失礼します。
posted by: あつし | リアポケ・リーグ戦 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |